ここから本文です

ぺしゃんこ髪をふんわり髪に変わるシャンプー、キーワードは「3分」

OurAge 6/14(火) 10:10配信

年齢を重ねるにつれ、髪のボリュームがなくなってきたと悩む女性は多い。どうにかしたいけれど、忙しくてなかなか頭皮や髪のケアができない。そんな女性達のために、近頃は洗うだけで、頭皮と髪をエイジングケアしながらハリやコシを与え、ふんわりさせるシャンプー&トリートメントが急増中。

「さらにシャンプーの仕方を見直すことで、よりふっくらアップも可能。根元をつぶれやすくする頭皮の汚れや残留物をしっかりとオフするお湯使いが鍵になります」とは、ヘアサロン『FIX-UP OMOTESANDO』のクリエイティブディレクター、横谷百栄さん。根元からふわっと量感アップするという洗い方を教えてもらった。

「シャンプー時に、最も重要になるのがお湯による予洗いとすすぎです。37~38℃のお湯で、それぞれ3分を目指して念入りにすすぎましょう。予洗いがしっかりできていれば、少量のシャンプーで豊かに泡立ち、すすぎもしやすくなります」

予洗いもすすぎも3分を目安にするのは、頭皮に残留物を残さないためだそうだ。そしてシャンプー前の予洗いは、特に頭皮を念入りに、と横谷さん。
「毛髪をまんべんなく濡らすのはもちろん、頭皮に当てた手のひらにお湯をためるようにして、頭皮もしっかりと予洗いします」

その後、少量のシャンプーを手で少し泡立てることもコツだという。
「シャンプーにお湯を少し加え、手のひらで泡立ててから髪につけてください。原液をそのまま頭皮につけると、すすぎ残しの原因になってしまいます」

そしてすすぎは、シャンプーもトリートメントも、根元を丁寧に、が基本。
「特にトリートメントは、根元から毛先へ手をすべらせ、キューティクルを整えながら、ぬるつきがなくなるまですすいでください」

スペシャルなケアはもちろん効果的だが、毎日の洗髪を見直すだけでもふんわり感は相当違ってくるという。早速今日から、始めたい。

最終更新:6/14(火) 10:10

OurAge