ここから本文です

ソフトバンク・工藤監督はなぜ打順固定を図らないのか? 常勝王国築く指揮官の狙い

ベースボールチャンネル 6/14(火) 11:00配信

投手力もすごいが選手層の厚い野手陣

 福岡ソフトバンクホークスが猛烈に強い。2リーグ制後初となる6月中の優勝マジック点灯の可能性も現実味を帯びてくるなど、リーグ首位をぶっち切る勢いはとどまるところを知らない。

 やはり際立っているのは投手力。
 12球団トップのチーム防御率を見れば、それも一目瞭然だろう。

 しかしながら勝負どころでキッチリと得点を重ね、チームに白星を運び込む強力打線も非常に安定している。

 そこに秘められているのは工藤公康監督が主軸以外のメンバー固定をあえて明言せず、当落線上にいる野手陣たちの競争力を生み出すことによって、それが大きなプラス材料となっていることだ。言わば、これは『野手版・内なる戦い』と評していいかもしれない。

 3番・中堅の柳田悠岐、4番・一塁の内川聖一は開幕から固定。6月7日のDeNA戦(ヤフオクドーム)以降は、ここまで5番から7番にはDH・長谷川勇也、三塁・松田宣浩、左翼・中村晃が起用され続けている。 12日の巨人戦(ヤフオクドーム)で17試合連続安打をマークした1番・遊撃の今宮健太、2打席連続本塁打でヒーローとなった2番・右翼の城所龍磨、そして9番・二塁の牧原大成も6試合連続でスタメン出場を果たしたが、今宮以外、この日8番・捕手で先発マスクを被った高谷裕亮を含む3野手に関しては必ずしも「絶対安泰」とは言い切れない。

 ポジション奪取を虎視眈々と狙うサブメンバーが控えているからである。
 右翼の座を狙うのは吉村裕基と上林誠知、さらには二軍にいる福田秀平と江川智晃も控えている。二塁は本多雄一と高田知季、捕手に関しても鶴岡慎也や二軍調整中の細川亨が、それぞれ「スキあらば」と目をギラつかせている状況だ。

打線固定をせずに、競争意識を持たせる

 だからこそ常にいい意味での「もしかすると自分は控えメンバーと入れ替えられてしまうのではないか」という危機感や「ライバルに負けたなくない」という競争心を『絶対安泰ではない選手』たちに生み、グラウンド上のプレーにおける必死さにつながるのである。

 工藤監督の狙いは、まさにそこにあると言っていいだろう。

 筆者が個人的に取材を重ねている他球団スコアラーの中からは、今季のソフトバンクの強さについて次のような共通見解が出ている。

「これだけ打者陣の層が厚いと普通ならば、やはり打順固定を図りたくなるもの。だが工藤監督は余程の抜きん出た能力がない限り、選手に競争意識を極力持たせるように心がけている。『ぬるま湯』に浸からせたくないという思いを抱いているからこそ、チーム全体が常に活性化されるのだ。どんな相手に対しても常に妥協なき姿勢で臨むことによってほぼ毎試合、圧倒的な勝利を得られているのだろう。正直言って……もう誰も手が付けられない強さだね」

 今季も『ソフトバンク旋風』は衰え知らず。戦術家・工藤監督の絶妙の采配及び起用法によって、そのチーム力はより進化を遂げ、青天井の勢いで強さを増していきそうだ。


臼北信行

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:6/14(火) 11:00

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革