ここから本文です

ドルトムント、今度は18歳MF”ベルギーの宝石”を獲得か。1年間のレンタル移籍で

フットボールチャンネル 6/14(火) 7:10配信

 ドルトムントが、ベルギー1部のアンデルレヒトに所属する18歳のU-19ベルギー代表MFオレル・マンガラを獲得する見通しのようだ。13日に独メディア『90min』が報じている。

 同メディアによると、ドルトムントのユース部門ディレクターを務めるラース・リッケン氏が、マンガラが移籍してくることを確認したとのこと。U-15からU-19までの各世代別ベルギー代表として活躍した経験を持っており、同メディアは”ベルギーの宝石”と名付けている。1年間のレンタルとなる見通しのようだ。

 マンガラはアンデルレヒトの下部組織で育ち、今季はUEFAユースリーグに出場。バルセロナやアーセナルのユースを相手に勝利を収めている。準決勝では今季優勝を果たしたチェルシーのユースに敗れていた。

 ドルトムントは、現時点でエムレ・モルやウスマン・デンベレといった若手有望株を獲得している。将来を見据えた補強を行っており、全体的な底上げにつながりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/14(火) 10:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。