ここから本文です

「これが彼のイタリアだ!」 ベルギー撃破に導いたコンテ監督の手腕を伊メディアが絶賛

Football ZONE web 6/14(火) 7:05配信

チーム最高点はボヌッチの8点 先制弾のジャッケリーニは7点止まり

 欧州選手権(EURO)初戦で、イタリア代表は優勝争いのダークホースとも言われたベルギー代表を2-0で下した。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」は、試合後にイタリア代表選手の採点を公開。3バックの中央で堅守を支え、先制ゴールをアシストしたDFレオナルド・ボヌッチに、チーム最高の「8点」をつけて絶賛している。

EUROグループリーグ順位表、大会データ

 アントニオ・コンテ監督はGKジャンルイジ・ブッフォンに加え、DFアンドレア・バルザーリ、ボヌッチ、DFジョルジョ・キエッリーニの3バックといった、自身が率いて3連覇し、国内リーグ5連覇中の絶対王者ユベントスの守備ユニットをそのまま起用した。ボヌッチは、前半32分に最終ラインからの正確なロングフィードでMFエマヌエレ・ジャッケリーニ(ボローニャ)の先制ゴールをアシストしている。

「ボヌッチ、8点。前半、リーダーとして偉大な権威を示した。彼のジャッケリーニへのアシストは、彼の持つ能力からすれば驚きではない」

 また、先制ゴールを決めて大会公式のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたジャッケリーニは、「ちょっとミスが多すぎた」として採点は「7点」止まり。ただし、「良く走り、コンテを満足させた。正しいタイミングで正しい場所に走り込んでゴールした」とも称賛している。

チーム走行距離119.64キロで走り勝つ

 そして、試合終了間際に勝利を決定づけるゴールを決めたFWグラツィアーノ・ペッレには「7.5点」を与え、「コンテは彼に攻撃のキーマンとしての役割を与えたが、それをピッチ上で実行した。2-0に値する素晴らしいヘディングは(ベルギーGK)クルトワに弾かれたが、最後の最後に試合を閉じるゴールを決めた」と、縦パスを収めて攻撃の起点になり続けたことが高く評価されている。

 コンテ監督に対しては「8点」の採点とともに「これが彼のイタリアであり、彼の勝利だ」と、チーム全体をまとめ上げて大会に臨んだ手腕を絶賛した。

 全体的にベルギーにボールを保持されながらも、決定的な突破を許すことなく相手のスキをついて2点を奪った。伝統の効率的な戦いに加え、チーム全体で119.64キロを走破した運動量も光ったイタリアが、低い下馬評を覆して白星発進に成功している。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:6/14(火) 8:59

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。