ここから本文です

マンU、レスターの“マケレレ2世”獲得へ。ヴァーディに続いて流出危機

フットボールチャンネル 6/14(火) 7:30配信

 マンチェスター・ユナイテッドもレスター・シティに所属する“マケレレ2世”ことフランス代表エンゴロ・カンテの獲得争奪戦に参戦したようだ。12日にイングランドの『チームトーク.com』が伝えている。

 カンテは、今季から加入したレスターですぐさま主力の座を掴み、リーグ戦には37試合に出場した。持ち味のタックルやインターセプトを生かし、歴史的なリーグ優勝を飾った同チームの“影のMVP”とまで称される活躍をしている。

 現在、2200万ポンド(約33億円)支払えば自動的に移籍が可能となることからも、すでにチェルシーやアーセナルやパリサンジェルマンといったチームから獲得を狙われているようだ。そこで、ユナイテッドもカンテの獲得争奪戦に参戦したようである。一方でレスターも簡単にカンテを手放す気は全くないようで、すでに週給10万ポンド(約1515万円)の新契約をオファーするつもりのようである。

 アンダー世代では一度も代表チームに召集された経験はなかったものの、レスターでの活躍が認められ、ディディエ・デシャン監督によって今年の3月にフランス代表に初招集されると、EURO2016のメンバーにまで入る大ブレイクを遂げたカンテ。来季は一体どこでプレーすることになるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/14(火) 10:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。