ここから本文です

イチローは外野守備でも傑出。伝説の「エリア51」、数値が証明

ベースボールチャンネル 6/14(火) 17:00配信

6年連続でアリーグトップの守備を見せた

 マイアミ・マーリンズに所属しているイチローは、昨今、通算安打記録が注目されているが、守備でも屈指の存在だ。

 もともとオリックス時代から、その守備力は高い評価を得ていた。
 しかし、そのすごさがよりはっきりと認識されたのは、守備のデータも充実しているMLBに移籍してからだ。

 NPBでは外野手は1つのポジションとされる一方、MLBでは左翼、中堅、右翼でデータが出る。

 イチローがMLBに移籍した2001年以降のアメリカンリーグの外野手のRF(1試合当たりの守備機会 守備範囲の広さを示す)ベスト3とイチローの成績。

■2001年 右翼手

1.イチロー(マリナーズ)2.26

2.サルモン(エンゼルス)2.14

3.オルドニェス(ホワイトソックス)1.91

■2002年 右翼手

1.イチロー(マリナーズ)2.22

2.フィック(タイガース)2.21

3.グリーブ(デビルレイズ)2.16

■2003年 右翼手

1.イチロー(マリナーズ)2.19

2.ヒギンソン(タイガース)2.15

3.オルドニェス(ホワイトソックス)2.10

■2004年 右翼手

1.イチロー(マリナーズ)2.43

2.Jジョーンズ(ツインズ)2.26

3.ゲレーロ(エンゼルス)2.24

■2005年 右翼手

1.イチロー(マリナーズ)2.47

2.Jジョーンズ(ツインズ)2.20

3.ニクソン(レッドソックス)2.10

■2006年 右翼手

1.イチロー(マリナーズ)2.13

2.Jダイ(ホワイトソックス)2.12

3.ゲレーロ(エンゼルス)2.05

※2007年、イチローは中堅手にコンバートされる

■2007年 中堅手

1.クリスプ(レッドソックス)2.88

2.イチロー(マリナーズ)2.79

3.グランダーソン(タイガース)2.76

※2008年は右翼、中堅を掛け持ちしたため規定試合数に達しなかった。2009年に再び右翼手に。

■2009年 右翼手

1.Nクルーズ(レンジャース)2.54

2.秋信守(インディアンス)2.34

3.イチロー(マリナーズ)2.22

■2010年 右翼手

1.イチロー(マリナーズ)2.26

2.マーケイキス(オリオールズ)2.13

3.スゥイッシャー(ヤンキース)2.05

■2011年 右翼手

1.フランク―ア(ロイヤルズ)2.24

2.バイティスタ(ブルージェイズ)2.12

3.マーケイキス(オリオールズ)2.13

8.イチロー(マリナーズ)1.79

※この年からイチローのRFの数字は下落する。

■2012年 右翼手

1.リオス(ホワイトソックス)2.19

2.レディック(アスレチックス)2.13

3. スゥイッシャー(ヤンキース)2.00

7.イチロー(ヤンキース/マリナーズ)1.84

■2013年 右翼手

1.ビクトリーノ(レッドソックス)2.48

2.レディック(アスレチックス)2.24

3.リオス(レンジャース)2.17

6.イチロー(ヤンキース)1.73

■2014年 右翼手

1.バウティスタ(ブルージェイズ)2.10

2.マーケイキス(オリオールズ)2.08

3.カルホーン(エンゼルス)1.94

7.イチロー(ヤンキース)1.49
※2014年は規定試合数以上のアリーグの右翼手で最下位になった。

 2015年以降、マイアミ・マーリンズに移籍してからは規定試合数に達していない。

1/2ページ

最終更新:6/14(火) 17:00

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革