ここから本文です

乃木坂46 深川麻衣、最初で最後のメンバー握手会実施 生駒里奈「うんと幸せになってください」

リアルサウンド 6/14(火) 11:30配信

 6月14日に放送された『NOGIBINGO!6』(日本テレビ)では、乃木坂46のメンバーによる「乃木坂46のはじめてをやってみよう!」の模様が放送された。

 番組やイベントなどで様々なことに挑戦してきた乃木坂46のメンバーが、今までできなかった「はじめてのこと」に挑戦する同企画。番組前半では、母親が元ファンションデザイナーで、グループ内でもおしゃれなメンバーである伊藤万理華が、ジャージやスウェットばかり着ている佐々木琴子のコーディネートに挑戦。また、「けん玉」に挑戦した生田絵梨花は、練習中に成功し感極まってスタジオで号泣。「顔面クリームをやりたい!けど心細い…」と告白した相楽伊織は、伊藤純奈を道連れに顔面クリームに挑戦した。

 番組後半では、メンバー全員から「最後にやりたいこと」として、 同番組最後の収録となった深川麻衣との最初で最後のメンバー握手会を実施。深川はこの企画を聞かされておらず、「今知りました、びっくりしました」と驚きの様子をみせた。深川がセンターに立った「ハルジオンが咲く頃」の音楽が流れるなか、乃木坂46メンバーが1人ずつ登場して深川と握手を交わした。生駒里奈が「まいまいの自分の好きな道に進んで、うんと幸せになってください」と伝えると、深川が「1人目で涙出てきた」と上を向いて涙をこらえる場面も。

 それぞれのメンバーが涙を流しながら別れを告げていくなかには、深川を含む7人で結成したバンド・乃木團の齋藤飛鳥、中元、能條愛未らの姿も。 ラストには、特に親交の深い年長メンバーが登場し、白石麻衣は「まいまいには、たくさん救われたし、正直寂しいけど…」と告げると、深川とともに涙した。白石は「ずっとメンバーの一員だし、卒業してもご飯とか遊んだりしようね。餃子パーティーしような」と最後に笑顔を浮かべ、深川と抱擁を交わした。

 ほかにも、メンバーがパジャマ姿でオンエアを振り返る「NOGIROOM」のコーナーでは、渡辺みり愛、佐々木、川村真洋、高山一実、鈴木絢音の5人がパジャマ姿になって、深川への思いについてトーク。なお、huluと日テレオンデマンドでは、プライベート写真の公開や、同コーナーの未公開分や配信されている。

 深川の最後の出演で、改めてメンバー同士の愛が感じられた今回の放送。次回は「妹コンテスト第2弾」をオンエア予定だ。

向原康太

最終更新:6/14(火) 11:30

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。