ここから本文です

真実の愛を描くラブストーリー『きみがくれた物語』、テリーサ・パーマーのインタビュー映像公開

リアルサウンド 6/14(火) 12:01配信

 ロス・カッツ監督作『きみがくれた物語』より、テリーサ・パーマーのインタビュー映像が公開された。

 本作は、ベストセラー恋愛小説『きみに読む物語』の作者、ニコラス・スパークスの最新作を『ロスト・イン・トランスレーション』のロス・カッツが実写化した作品。『ウォームボディーズ』のテリーサ・パーマーと『白鯨との闘い』のベンジャミン・ウォーカーが出演し、“真実の愛”を求め困難に立ち向かう夫婦役を演じている。

 この度、ヒロインのギャビー役を演じるテレーサ・パーマーのコメント映像が公開。テレーサはギャビーについて「保身的で頑固な一面もある。でも、かわいくて面白くて頭がいいの。ちょっと抜けてるけど」と語る。映像では、コメントとあわせて、テレーサが撮影の合間にカメラに向かっておどけたポーズをとるメイキングシーンも確認することができる。

 トム・ウィルキンソンが映画のカギを握るトラヴィスの父親役を務めるほか、『96時間』シリーズのマギー・グレイス、『ヤング・スーパーマン』のトム・ウェリンらが出演。また、二人の恋愛模様を彩る音楽には、ザ・ナショナル、エフタークラング、ヴェロニカ・フォールズなどの楽曲が使用されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/14(火) 12:01

リアルサウンド