ここから本文です

コンテ監督、ザザの腕当たり鼻血も「チームのためなら、喜んで体を犠牲にする」

フットボールチャンネル 6/14(火) 10:30配信

 現地時間13日にイタリア代表はベルギー代表と対戦し、2-0の勝利をおさめている。この試合で、イタリアのアントニオ・コンテ監督が鼻血を出してしまうシーンがあった。13日に伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 同紙によると、エマヌエレ・ジャッケリーニが先制点を決め、コンテ監督のもとに選手たちが集まって歓喜の輪を作った時、シモーネ・ザザの腕が同監督の顔に当たってしまったとのこと。そのため、鼻から血を流す事態となってしまったようだ。

 伊メディア『フットボールイタリア』によると、このシーンを振り返ったコンテ監督は「チームのためなら、私は喜んで自分の体を犠牲にするよ」と語っている。ザザに受けたダメージよりもゴールの喜びの方が上回ったようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/14(火) 13:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)