ここから本文です

武装組織に5年間監禁されたパキスタン人男性 「心の支えだった」マンUからの贈り物が話題に

Football ZONE web 6/14(火) 16:39配信

釈放されたタシールさんの元に届いた、“赤い悪魔”のサイン入りユニホーム

 イスラム系武装組織に5年間監禁されていたパキスタン人男性に、マンチェスター・ユナイテッドが粋なプレゼントを贈り、大きな話題となっている。英国営放送「BBC」が報じている。

イブラ本命はミラン!? 伊紙が大物FW10人の去就を大胆予測

 「信じられない。マンチェスター・ユナイテッドがこれを僕に送ってくれた!!」と、ツイッターでサイン入りの赤いユニホームとともに喜びのメッセージを投稿したのは、シャバズ・タシールさん。殺害されたパンジャーブ州知事の息子で、2011年8月に地元ラホールの街で仕事に向かうために運転中に武装組織に誘拐された。

 監禁中はムチ打ちなどの拷問を受けるなど非道な扱いを受けていたが、監視役がユナイテッドのファンでラジオから聞こえるユナイテッドに関する話題で、タシールさんはギリギリの状態で踏み止まることができたという。

 「自分にとっては外界への窓だった。サッカーのニュースのおかげで自分は正気を保つことができたんだ」と、タシールさんは地元メディアにこう語っていた。パキスタンでも“赤い悪魔”は絶大な人気を誇るようだ。

 そして、3月に釈放されたタシールさんの元に、嬉しいプレゼントが届けられたという。「ショックを受けたよ! みんなありがとう!」とユナイテッドへの感謝のメッデージを綴ったタシールさんは、平穏な日常をようやく取り戻そうとしている。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:6/14(火) 16:39

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。