ここから本文です

欅坂46初主演&総出演ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』主題歌タイトル&共演者決定

リアルサウンド 6/14(火) 16:01配信

 欅坂46初主演&総出演のドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』(テレビ東京系)の初回放送日が、7月16日(土)深夜0時20分~に決定し、あわせて主題歌タイトル&共演者が発表された。

 本作は、『マジすか学園』『初森ベマーズ』の秋元康が企画・原作を手がけた学園ミステリードラマ。私立欅学園三年C組の生徒たちが、教室に横たわっていた担任・徳山大五郎の遺体を発見し、思わず隠してしまったことから担任の“死体”と共に過ごす奇妙な学校生活の模様を描く。

 欅坂46のメンバーが総出演するほか、担任・徳山大五郎役を嶋田久作、欅学園の校長・参宮橋校長役を岩松了、三年C組の副担任・神崎役を江口のりこ、古文の先生・竹村哲也役を相島一之、“物の気持ち”を大切にする用務員・橋部役を今野浩喜がそれぞれ演じる。

 また、本ドラマの主題歌タイトルは「世界には愛しかない」に決定した。この曲は、10代の心象風景とリアリティを“ポエトリーリーディング”で表現した青春ソング。この曲が収録された欅坂46の2ndシングルは、8月10日に発売開始される。

■嶋田久作(徳山大五郎役)コメント

欅坂46の皆さんの新鮮な感性に触れながら、日々撮影に勤しんでいます。何もせずただひたすら目を開けて「もの」と化してます。自身には貴重でスリリングな役柄ですが、視聴者の方々はどう受け止められますか。ドラマの中でしっかり働いてくれれば嬉しいです。よろしくお願いします。

■江口のりこ(神崎役)コメント

徳山大五郎を誰が殺したか...、
タイトル通り、演者である私も誰が殺したのかわかりません。わからないまま演じているわけですが、これが楽しいです。視聴者のみなさんにも楽しんでもらえたら嬉しいです。

■今野浩喜(橋部役)コメント

用務員橋部役の今野です。
生徒達が多すぎて本当に名前を覚える所から四苦八苦しています。学校の先生って凄い。カメラが回っていない時の教室は本当に女子校感丸出しです。携帯のインカメラを鏡にして髪を直す生徒多数。早急にこの空気に溶け込めるよう頑張ります!

■相島一之(竹村哲也役)コメント

徳山大五郎を誰が殺したか?
何故女子高の教室に死体が?
何故その死体が嶋田久作さんなのか?
何故この女子高は可愛い娘ばかりなのか?
そしてあいじまは1話以降いつ出るのか?
このドラマはミステリーに満ちている! 是非その事件を目撃してください。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/14(火) 16:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。