ここから本文です

ケルン、大迫のリオ五輪OA枠要請を認めるも…出場には慎重な姿勢

フットボールチャンネル 6/14(火) 11:44配信

 ブンデスリーガのケルンに所属する元日本代表FW大迫勇也のもとに、日本サッカー協会(JFA)からオーバーエイジ枠としてのリオ五輪出場要請があったようだ。独紙『キッカー』が伝えている。

 同紙によれば、ケルンのヨルグ・シュマッケGMがJFAから出場要請があったことを認めたという。

 今季はリーグ戦で25試合に出場して1得点という結果に終わった大迫だが、ケルンは来季の戦力として計算しており、大迫がリオ五輪に参加した場合、来季に向けたトレーニングに参加できなくなるため慎重な姿勢を見せている。

 日本の報道では、ガンバ大阪のDF藤春広輝がオーバーエイジ枠に内定しているとも伝えられている。

 リオ五輪に臨むU-23日本代表メンバーは7月上旬に発表されるが、大迫が招集されることはあるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/14(火) 11:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。