ここから本文です

イニエスタが三たび“翼くん状態”に… スペイン紙がEUROチェコ戦で7人に囲まれる瞬間を激写!

Football ZONE web 6/14(火) 22:57配信

相手の徹底マークに遭うも、値千金アシストで1-0勝利に貢献

 スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、三たび“翼くん状態”になった。現地時間13日の欧州選手権(EURO)グループリーグ初戦のチェコ戦終盤に殊勲の決勝アシストをマークしたが、7人もの相手に囲まれる写真をスペイン紙「マルカ」が掲載し、過去のイニエスタの写真と大人気サッカー漫画「キャプテン翼」と比較している。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 この日のスペインはチャンスを作るものの、相手GKペトル・チェフが好セーブを連発したため得点を奪えず、スコアレスドローが濃厚かと思われた。しかし後半42分、右サイドでイニエスタが素早く切り返してファーサイドにクロスを送ると、美しい軌道を描いたボールはDFジェラール・ピケの頭を捉えて値千金の一撃をゲットした。

 薄氷の展開で勝ち点3を得たスペインだが、中盤に君臨するイニエスタは冷静にゲームをコントロールしきった。対戦相手のチェコも稀代のプレーメーカーに最大級の警戒を払ったが、同紙のカメラマンはこの一戦で決定的瞬間を収めたという。それはイニエスタがペナルティーエリア内に進入した際のこと。ラストパスを許したくないチェコ守備陣はMFトーマス・ロシツキーを含めた計7人でマークし、必死に阻止しようとした。同紙はこの状況に「イニエスタ、キャプテン翼を模倣する」とのタイトルを打った。

 キャプテン翼はスペインでも「オリベル&ベンジ」というタイトルで放映されていて、主人公の大空翼は「オリベル・アトム」という名前でプレー。サッカー少年の憧れとなっている。アニメの有名なワンシーンでは、オリベルこと翼が相手チームのマーカー7人に囲まれるものがあり、チェコ戦のイニエスタが置かれたシチュエーションと似たような状況だった。

前回大会でも同じ構図の写真が撮られ話題に

 そんな「キャプ翼」状態を、イニエスタは過去にも経験している。前回のEURO2012では、グループリーグ初戦のイタリア戦でDFジョルジョ・キエッリーニら5人もの相手マーカーに囲い込まれる写真が全世界に発信され、同第3戦のクロアチア戦でもMFルカ・モドリッチら6人に挟み込まれる写真が話題になった。つまり4年の時を経て、またしても似た構図の写真が撮影されたことになる。

 決勝点をアシストしたイニエスタは、「僕らはこの戦術で成功してきたんだ」とスペインの生命線「ティキ・タカ」の高速パスワークを誇った。イニエスタ自身も徹底マークを受けながらも、正確無比なスルーパスを通し続けた。

 これまで長年“ゴールデンコンビ”を築いてきたMFシャビ・エルナンデスが代表を引退したため、今大会はイニエスタにかかる負担が大きい。それでも貫録を見せつけたイニエスタの、天才ぶりを証明する一枚となったのは確かだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/14(火) 22:57

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。