ここから本文です

U-23日本代表、藤春と塩谷のリオ五輪OA出場が内定。守備陣に故障者続出で招集へ

フットボールチャンネル 6/14(火) 13:25配信

 J1のガンバ大阪は、DF藤春廣輝がリオ五輪のオーバーエイジ(OA)枠としての出場に内定したことを発表した。

 また、サンフレッチェ広島のDF塩谷司が同じくOA枠としての出場に内定したことがクラブから発表されている。

 U-23日本代表は奈良竜樹(川崎F)や岩波拓也(神戸)、室屋成(FC東京)ら守備陣に故障者が続出しており、リオ五輪に向けての懸念点とされていた。しかし、A代表でのプレー経験のある2選手がU-23日本代表に加わることとなった。

 塩谷は広島のオフィシャルサイトで、「自分にできることをピッチ内外で全力で行い、日本の勝利のために戦います」とリオ五輪への意気込みを述べている。

 今月29日に国内最終戦となるU-23南アフリカ代表とのテストマッチを行ったのちに強化合宿を行い、大会直前にU-23ブラジル代表と対戦する。

 本大会では、スウェーデン、コロンビア、ナイジェリアと同じグループBに組み分けられている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/14(火) 13:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)