ここから本文です

ベルギー撃破に上機嫌のイタリア代表DF 14年W杯の噛みつき事件をネタに喜びを表現!

Football ZONE web 6/14(火) 23:51配信

2年前にスアレスに噛みつかれたキエッリーニ 「昨日は噛みつかれたのは0回!」と投稿

 初戦の勝利に気を良くしたイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)が、自身のFacebookで冗談交じりに白星スタートを振り返っている。

英メディアも感嘆! 世界トップレベルで活躍する「35歳以上ベストイレブン」

「昨日は94分間プレーして、40回パスを成功させて、噛みつかれたのは0回。これでいいね!」

 満面の笑みでアイスクリームを片手に持った写真を投稿したキエッリーニは、2014年ブラジル・ワールドカップでウルグアイ代表と対戦した際に、FWルイス・スアレスの噛みつき行為の被害者になった。肩口にはハッキリとした歯形がつくほどの勢いだった。優勝争いのダークホースとも言われたベルギーを相手に、無失点勝利したことが大きな喜びだったようだ。

 ユベントスのチームメートであるGKジャンルイジ・ブッフォン、DFレオナルド・ボヌッチ、DFアンドレア・バルザーリと構成した守備ユニットは、抜群の安定感を誇った。キエッリーニ自身もイエローカードを1枚受けたものの、対面するMFケビン・デブライネ(マンチェスター・シティ)に決定的な仕事をさせずに封じ込めた。

 次戦は、カリスマFWズラタン・イブラヒモビッチを擁するスウェーデン代表と対戦する。血の気の多さでも世界有数のイブラを相手に、無失点勝利を続けることができるだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/14(火) 23:51

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。