ここから本文です

ロシア、EURO失格の危機。UEFAがファンの度重なる暴動に厳罰

フットボールチャンネル 6/14(火) 20:31配信

 欧州サッカー連盟(UEFA)は14日、フランスで開催中のEUROにおいて多くのサポーターが問題を起こしたロシアに対する処分を発表した。

 公式サイト上に掲載された声明では、ロシアサッカー協会に対し15万ユーロ(約1800万円)の罰金を科すと同時に、サポーターが再びこれまでのような問題を起こした場合ロシアを途中失格処分とする文言も含まれた。

 ロシアのサポーターは11日のイングランド戦前後に街中やスタジアム内で相手国のファンに対して暴力行為に及んだほか、花火や発煙筒の使用、人種差別行為などが確認されている。これを受けたUEFAは、再びスタジアム内でロシアサポーターによる同様の行為が発覚した場合、同国を大会から追放することに決めた。

 だが、今回の処分において言及されたのはあくまで「スタジアム内」での暴力行為などのみで、スタジアムの外でファンが暴れた場合の追加処分については明確になっていない。そのため会場の外に設けられたファンゾーンや街中での暴動激化が懸念される。

 いずれにしろロシアには限りなくレッドに近いイエローカードが突きつけられた。2大会ぶりのグループステージ突破を目指す大国にピッチ外から思わぬ障害が降りかかっている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/14(火) 21:54

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。