ここから本文です

宇佐美、アウクスブルクと長期契約へ。25日名古屋戦がラストか

フットボールチャンネル 6/14(火) 21:54配信

 欧州再挑戦の機運高まるガンバ大阪の宇佐美貴史。ブンデスリーガ移籍が噂される中、独『キッカー』は独自の情報としてアウクスブルクによるオファーの存在を報じた。

 同紙によれば宇佐美にはドイツの複数クラブやオランダから関心が寄せられているものの、G大阪に対して公式な獲得オファーを送ったのはアウクスブルクのみだという。そして移籍先の有力候補でもあるようだ。

 また地元紙『アウクスブルガー・アルゲマイネ』は、宇佐美が今月26日にアウクスブルクと長期契約を締結する見通しであることを伝えた。

 仮にこれが事実だとすれば、宇佐美は25日の明治安田生命J1リーグ1stステージ最終節、名古屋グランパス戦が終わりしだいすぐ渡独することになるだろう。同時に日本で、そしてガンバ大阪で最後の試合になる。

 別のメディアではフランスのナントから興味を持たれているとも報じられたが、ブンデスリーガ復帰が濃厚になっている。宇佐美は今夏からかつて細貝萌が纏っていたアウクスブルクのユニフォームを着ることになるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/14(火) 22:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。