ここから本文です

知識人と政策決定者で異なる「日本の見方」に注視

Forbes JAPAN 6/14(火) 10:00配信

4月上旬、私は「第75回アジア研究協会(AAS)年次総会」に出席するため、ワシントン州はシアトルへと飛んだ。1941年に設立された同協会は、アジアとアジア研究に関心のある全ての人に開かれている、学究的で非政治的な専門家の集まりである。全ての学問分野にわたり世界中で約8,000人の会員を持つ、アジア研究に焦点を当てた米国最大かつ最も著名な組織である。



過去のAAS会長には、日本でもよく知られている日本研究者が名を連ねている。ハーバード大学のエドウィン・ライシャワー(1955)やコロンビア大学のヒュー・ボートン(1957)、イェール大学のジョン・ホール(1967)、プリンストン大学のマリウス・ジャンセン(1976)、スタンフォード大学のピーター・ドウス(2000)などである。

私はAAS会議には10年以上出ていなかったが、久しぶりに出席したシアトルでの会議には、3,000人を超える会員が参加し、4日間にわたって、295のパネル・ディスカッションが開催された。これらのうち、54は主に日本に関するもので、韓国は14、中国と内陸アジアが117であった。

その会議で、いくつか印象に残ったことがある。まず、70年代と80年代に、ハーバード大学の大学院生の時にAAS会議に出席していた頃に比べると、参加者とパネル・ディスカッションの数が大幅に増えたことである。これは、米国におけるアジア研究の重要性が増していることを示している。

第二に、日本の経済的パワーが明らかで日本関連の研究が伸びていた当時とは異なり、アジアの他の地域、とりわけ中国の重要性が増し、日本の存在感がかなり薄まった点である。

第三に、日本関連のパネルは、日本とアジア諸国との関係や、先進工業国との比較に関するテーマのものが多く、日本独自の課題ではなく、他の国々との関係や比較で研究される傾向が強まっていること。

第四に、アジア系の学者の数が非常に多かった点。これには、会議に出席するために渡米したアジア国籍の学者、米国の大学で教えているアジア国籍の学者、アジア系の先祖を持つ米国籍の学者が含まれる。

第五に、日本関連のパネルで多くの聴衆を集めたものは、「日本の国民的アイデンティティと極右的ナショナリズム」、「アジア太平洋戦争とその遺産を教える:修正主義の時代における批判的教授法」、「『慰安婦』修正主義の『戦場』としての米国:日本人による歴史否定の台頭への日米における対応」などである。

1/2ページ

最終更新:6/14(火) 10:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。