ここから本文です

日本初の「住宅ローン借り換え」サービス、アプリと実店舗で

Forbes JAPAN 6/14(火) 15:00配信

マイナス金利の導入で、注目が集まる住宅ローン。借り換え希望者を対象にサービスを提供するMFSがいま、アクセルを踏み込む。



「2月のマイナス金利導入以降、住宅ローン市場で借り換えブームが起きています」

MFSの中山田明CEOは、ここ数カ月の住宅ローン市場の状況について、こう話す。ブームになるのは、低金利のローンに借り換えることで総返済額を減らせるケースがあるためだ。

同社は住宅ローンの借り換えを支援するスマホアプリ「モゲチェック」を提供。加えて、今年3月から対面で住宅ローンの借り換えの相談に乗る実店舗「モーゲージ・ネクスト」の出店を始めた。マイナス金利で住宅ローン市場が勢いづくいま、追い風に乗る。

中山田は米証券大手のベアー・スターンズ、新生銀行などで住宅ローンの証券化を手掛けた、いわば住宅ローンファイナンスのプロフェッショナルだ。住宅ローンの証券化に取り組む中で「住宅ローンは、もっと借り換えが起こるべきだ」と感じていたという。

だが、日本では構造的に借り換えにつながりにくい事情があった。

米国の金融機関の多くは、顧客に住宅ローンを貸し付けた後、それを政府関連機関等に売却する。金利ではなく、貸し付け時に受け取る融資手数料を主に収益源としているため、貸し付け後に金利が下がった場合には、自社の顧客に積極的にアプローチして借り換えを促す。

一方、日本の金融機関は、住宅ローンを貸付資産として保有し続ける。そのためたとえ金利が下がったとしても、自社の顧客に借り換えを勧めることはできない。

これが日本で住宅ローンの借り換えが進まない原因だ。

「そこを変えたいと考えました」

MFSは、2014年10月に商号変更を経て誕生。15年9月にマネックスベンチャーズ、電通国際情報サービス、電通デジタル・ホールディングスから総額9,000万円の出資を受けた。

スマホアプリの「モゲチェック」は、りそな銀行やソニー銀行など4行と契約。現在借りている住宅ローンの情報を入力すると、借り換えメリット額が大きい順にローン商品を提示する。ユーザーがアプリ経由で借り換えると、銀行からMFSに手数料が入るモデルだ。

だが、「モゲチェック」を実際に運用する中で、課題が見えてきた。

「住宅ローンは金利以外にも団体信用生命保険や審査基準など、様々な角度から比較する必要があります。また、借り換えたい商品が見つかっても、その後の手続きが煩雑。個別相談に乗ってほしいという要望が多くありました」

そこで今年3月、東京・京橋に実店舗を開設することにした。

店舗には金融機関で住宅ローンの取り扱い経験があるスタッフを配置し、住宅ローンの借り換えに関する高度なコンサルティングサービスを提供する。全国120の銀行が提供する住宅ローンを比較して絞り込み、事務手続きまで請け負う。フィーは20万円と高額だが、ユーザーに受け入れられるのか。中山田は自信を見せる。

「借り換えによって、百万円単位で総返済額を減らせる人はたくさんいます」

今後は大都市圏を中心に店舗網を広げていく方針。年度内にはビデオチャットを利用したサービスも始める予定だ。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:6/14(火) 15:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。