ここから本文です

イブラヒモビッチの個人技でアイルランドとドロー決着のスウェーデン。次戦に向けて課題を残す

SOCCER DIGEST Web 6/14(火) 3:26配信

枠内シュートは0に終わったスウェーデン。

 6月13日、サンドニのスタッド・ド・フランスで行なわれたグループEの開幕戦はアイルランドとスウェーデンが1-1で引き分けた。
 
 緑色と黄色の鮮やかなコントラストに彩られたスタンドからの大声援がこだまするなか、試合は立ち上がりから両チームともロングボールを最前線のFWに当ててゴールをこじ開けようとする展開で始まった。
 
 ファーストチャンスを掴んだのはアイルランド。9分、ヘンドリックが枠へと飛ばすボレーシュートを放つ。さらに29分にはカットインからブレイディが右足を振り抜く。しかし、いずれも相手GKのイサクソンの好守に阻まれてしまう。
 
 さらに猛攻を続けるアイルランドは31分にヘンドリックがバイタルエリアから右足で狙ったが、このシュートは惜しくもクロスバーに直撃。再三に渡って敵ゴールに迫ったものの、得点には至らなかった。
 
 一方の押し込まれる展開が続くスウェーデンは、イブラヒモビッチが2列目にポジションを落とし、積極的にボールを受ける工夫を見せたが、このエースが相手の厳しいチェックに苦しみ、起点を作り出すことができない。
 
 後半に入ってからもアイルランドは素早いプレッシャーから積極的に仕掛け、46分にヘンドリックが強烈な右足シュートでスウェーデンゴールを脅かす。これはGKイサクソンに弾かれたが、その2分後についに均衡が破れる。
 
 48分、右サイドのコールマンのクロスボールをペナルティーエリア内で待っていたフーラハンがボレーシュートで叩き込み、攻勢を続けたアイルランドが先制に成功する。
 
 先手を取られたスウェーデンは失点直後からギアを上げ、サイドを起点に相手ゴールに迫るも、アイルランドの身体を張った守りを破ることができない。
 
 なおも攻勢に出るスウェーデンは59分にFWのグイデッティを投入すると、直後の60分にオルソンのアーリークロスからイブラヒモビッチがこの試合初シュートを放つがわずかに枠を外れてしまう。
 
 徐々に流れを掴み始めたスウェーデンは、71分にアイルランドの堅牢を崩す。
 
 右サイドからペナルティーエリア内にグイデッティとのワンツーで侵入したイブラヒモビッチが、弾丸のようなボールをボックス内に折り返すと、クリアしにいったアイルランドのCBクラークの頭に当たって、それがゴールへと吸い込まれ同点となった。
 
 その後、試合は疲れの見え始めた両チームが、効果的な攻撃の形を作り出せず、激しく競り合う肉弾戦となり、アイルランドは78分に投入したキーン、スウェーデンはイブラヒモビッチと互いにレジェンドプレーヤーに当てて勝機を見出しにかかる。
 
 しかし、スコアは最後まで動くことはなく1-1のまま終了した。
 
 イブラヒモビッチの個人技から生まれたオウンゴールで何とか同点に追いつきながらも、枠内シュート0本に終わったスウェーデン。イタリアとの第2戦に向け、攻撃面での課題が浮き彫りとなるスタートとなった。

最終更新:6/14(火) 3:28

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ