ここから本文です

【EURO2016】「僕は過去20年で世界最高のフットボーラー」とC・ロナウドが自信を漲らせる

SOCCER DIGEST Web 6/14(火) 11:00配信

C・ロナウド、代表選手としての誇りと責任を語る。

 6月14日のアイスランド戦でEURO2016の開幕を迎えるポルトガル代表の絶対的エースにして、大会を彩るスターの1人であるクリスチアーノ・ロナウドが自信を漲らせている。
 
 イタリアの雑誌『ウンディッチ』のインタビューに応えたC・ロナウドは、自身のこれまでのキャリアを振り返り「僕は過去20年間で最高のプレーヤーだと思っている。これは結果が物語っている事実なんだ」と自らが過去20年間で世界最高のフットボーラーであると語った。
 
 初戦が迫るEUROについては「ポルトガル人は自分の国を愛している。その国を代表できることを誇りに思う。EURO2004を経験した時に、僕が多くの若者に影響を与えられると実感したんだ」と代表選手としての誇りと責任を語った。
 
 年間50ゴールを5年連続で達成するなど31歳となった今も、そのプレーに衰えは見られず、ポルトガル代表で言うまでもなくエースとして君臨しているC・ロナウドはその理由についてもコメントしている。
 
「最高のレベルに達するために僕は努力を重ねてきたし、普段の練習や試合でも変わらない姿勢や献身性を持ち続けている。僕はこのスポーツで何年も歴史を作り続けたいと思っているんだ」
 
 自身4度目のEUROでC・ロナウドは、ポルトガル国民に初の欧州制覇の吉報をもたらすことができるのか――。大いに注目しよう。
 

最終更新:6/14(火) 11:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。