ここから本文です

【J1展望】FC東京-広島|塩谷がリオ五輪にOAで出場。浅野は昨季J1初ゴールを決めた味スタで爆発なるか

SOCCER DIGEST Web 6/14(火) 18:00配信

FC東京――深刻な決定力不足を解消しないかぎり…。

J1リーグ・1stステージ10節延期分
FC東京-サンフレッチェ広島
6月15日(水)/19:00/味の素スタジアム
 
FC東京
1stステージ成績(15節終了時):12位 勝点18 5勝3分5敗 11得点・13失点
※ACLの日程により、2試合未消化
 
【最新チーム事情】
●前節は出場停止の米本がインサイドハーフとしてスタメンに復帰。
●前節の磐田戦から2週間で5試合をこなすハードスケジュール。コンディション面を考慮しながら多少のメンバー変更もありうる。
●大怪我から戦列に戻った中島と室屋が、6月12日のJ3・藤枝戦で途中出場。今年プロ契約した室屋は、この試合がJリーグデビュー。
 
【担当記者の視点】
 前節の磐田戦は1対1のチャンスをことごとく外し、負けに等しいスコアレスドロー。なかなか波に乗れない状態が続いているが、次節の相手は昨季王者の広島だ。
 
 広島の変則的な3-4-2-1システムに対抗するため、ミニゲームでは同じフォメーションを採用。予想布陣は4-1-4-1ながらも、状況次第ではミラーゲームを展開する可能性もある。
 
 いずれにしても、先制点を奪えるかが鍵。アンカーに高橋を置くやり方で守備は安定しているので、どうにか広島のゴールをこじ開けたい。深刻な決定力不足を解消しないかぎり、ここからの巻き返しは厳しい。前田、水沼、東といったアタッカー陣の奮起が不可欠だ。
 
 昨季は味スタで浅野に決勝点を許しているFC東京は〝同じ過ち″を繰り返したくない。
 

 

広島――P・ウタカ以外の得点源として浅野の爆発に期待。

J1リーグ・1stステージ10節延期分
FC東京 – サンフレッチェ広島
6月15日(水)/19:00/味の素スタジアム
 
サンフレッチェ広島
1stステージ成績(14節終了時): 6位 勝点21 6勝3分4敗 23得点・14失点
※ACLの日程により、1試合未消化
 
【最新チーム事情】
●P・ウタカが3試合連続得点中も、その他の選手にゴールが乏しい。
●水本が負傷により欠場の可能性も。
●塩谷がリオ五輪のオーバーエイジ選手に内定。
 
【担当記者の視点】
 リーグトップの12得点を挙げているP・ウタカは、現在3試合連続得点中。ゴールだけでなく、決定的なスルーパスを供給することもでき、その破壊力は間違いなく本物である。
 
 しかし、彼以外の選手に目を向ければ、茶島、宮吉、柴﨑の3人が2得点。柴﨑はアシストも5つ(リーグ2位)記録するなど結果を残しているが、他の選手の数字が上がってこない。総得点24は川崎、鹿島に次いでリーグ3位とはいえ、その半分をP・ウタカが決めている現実は、決してポジティブではない。
 
 そういう意味でも、日本代表FWの浅野に昨季のような切れ味が復活することを期待したいところだが、なかなかフレッシュな状態にならない。ただ、前節の神戸戦ではゴールにこそならなかったものの、彼らしいスピードを生かした危険な飛び出しが見えた。FC東京戦での爆発が望まれる。
 

 

最終更新:6/14(火) 23:10

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ