ここから本文です

【J1展望】G大阪×浦和|移籍秒読みと見られる宇佐美。2試合連続ゴールに期待

SOCCER DIGEST Web 6/14(火) 18:34配信

G大阪――オーバーエイジ内定の藤春が、どんなプレーを見せるか。

J1リーグ1stステージ・10節延期分
ガンバ大阪×浦和レッズ
6月15日(水)/19:00/市立吹田サッカースタジアム
 
ガンバ大阪
1stステージ成績(15節終了時):8位 勝点20 6勝2分6敗 17得点・15失点
 
【最新チーム事情】
●浦和戦は公式戦3連勝中と好相性。
●14日、リオ五輪オーバーエイジ枠で藤春の選出が内定。
●倉田が軽度の負傷。プレーは可能な状態だが、井手口が代わりに先発か。
●遠藤はJ1通算100ゴールまで、あと1ゴール。
 
【担当記者の視点】
 14日に緊急会見が行なわれ、リオ五輪のオーバーエイジ枠で藤春の選出が内定し、本人も「精一杯頑張りたい」と意欲を覗かせた。
 
 一方で注目を集めているのが宇佐美の動向だ。ドイツのアウクスブルクからオファーを受けていると見られ、前節の湘南戦では吹田初ゴールを決めるなど存在感を放った。移籍するとなれば、吹田での試合は今節と最終節のみ。本人も自ずと気合いが入るはずで、2試合連続ゴールに期待が懸かる。
 
 軽傷を負った倉田に代わり、井手口がボランチか。また出場停止の米倉に代わって、右SBで初瀬が起用される見込みだ。前節の湘南戦は二度リードするも、最終的に3-3の痛み分けに終わった。試合運びは大きな反省材料で、その教訓を浦和戦に活かしたい。
 
 また湘南戦では、前半途中に遠藤をボランチに下げるなどテコ入れを強いられた。中盤がいまひとつ機能しない状態だけに、井手口(または倉田)がどれだけ安定化に貢献できるかがポイントになりそうだ。
 
 

J1リーグ1stステージ・10節延期分
ガンバ大阪×浦和レッズ
6月15日(水)/19:00/市立吹田サッカースタジアム
 
浦和レッズ
1stステージ成績(15節終了時):3位 勝点27 8勝3分2敗 18得点・8失点
 
【最新チーム事情】
●シドニー戦で感覚を掴んだ那須は、セットプレーからの得点を誓う。
●柏木は「ミスを減らさなければ」とポイントを挙げる。
●5月から無得点の続く武藤だが、「良い感覚は取り戻しつつある」と前向き。
●原点回帰の関根は積極的に仕掛ける!
 
【担当記者の視点】
 アジア・チャンピオンズリーグの影響により中2、3日のリーグ5連戦の2試合目。出場停止の森脇に代わり、右ストッパーには那須が入る見通しだ。那須はアジア・チャンピオンズリーグのシドニー戦、そのポジションでプレーしており、「良いプレーをするためのポイントを掴めた」と言う。最近セットプレーからのゴールが欠乏中とあって、「絶対に決めてやる気持ち」と熱い想いを示した。
 
 鹿島戦ではミスや守備面で後手を踏み、カウンターを何度も食らった。柏木は「G大阪も鹿島と同じシステム。ミスを減らさないといけない」とポイントを挙げた。西川も「やってきたことを貫きつつ、忘れているものを確認する」と修正点を語る。
 
 5月からノーゴールの続く武藤は危機感を抱きつつも、「ゴールへの姿勢を見せられているし、良い時に近づいている。ゴールを狙い続ける」と前を向く。また、鹿島戦でスタメンを外れた関根も、「仕掛けられずにいるから外された。仕掛けないで外されるのではなく、仕掛けて抜けないから外されるほうが良い。いつも以上に思い切りやる」と、切り込み隊長としての“原点回帰”を宣言していた。
 
 

最終更新:6/14(火) 18:46

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。