ここから本文です

マドンナ、米人気番組で懐かしの『ボーダーライン』を披露

ローリングストーン日本版 6/14(火) 16:30配信

『トゥナイト・ショー』のもう1人のゲスト、バラク・オバマとの"言葉を失う"対面についてもコメント。



6月9日夜、『トゥナイト・ショー・ウィズ・ジミー・ファロン』には、現在最高にビッグな2人のゲストが登場した。このショーが呼んだ2人は、バラク・オバマ大統領とマドンナで、マドンナは彼女のはじめてのトップ10ヒットとなった『ボーダーライン』をスローに演奏して観客を驚かせた。

「僕の大好きな人」とホストのジミー・ファロンは崇めるようにマドンナを紹介した。クエストラヴのドラムにのせて、マドンナは彼女をスターに押し上げた『ボーダーライン』を、この曲のMVで踊ったダンスの振り付けをいくつか再現しながら歌った。最後に彼女はステージにファロンと横たわり、「ボーダーラインを越えさせて」とファロンに言って押させ、客席側に転がった。

この収録でオバマ大統領とマドンナが同じステージに登場することはなかったが、マドンナは、ショーの前後に撮影したいくつかの写真を、オバマ大統領と過ごしたひとときについての興奮を表しながらインスタグラムに投稿している。マドンナに話しかける大統領を見つめる写真には、「このときばかりは、言葉を失ったの」とキャプションが添えられている。また、カメラに向けてポーズを取る2人を撮った別の写真には、こう書かれている。「獅子座同士の対面!・・・宇宙の集中!!」

Translation by Kise Imai

BRITTANY SPANOS

最終更新:6/14(火) 16:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。