ここから本文です

喧騒の街マラケシュで異彩を放つ イヴ・サンローランが愛した庭園

CREA WEB 6/14(火) 12:01配信

Magnificent View #987マジョレル庭園(モロッコ)

 鮮やかな色彩の中に飛び込んだかのような、緑あふれる空間。喧騒に包まれたモロッコの古都マラケシュでひときわ異彩を放つのは、マジョレル庭園だ。マジョレル・ブルーと呼ばれるヴィヴィッドな青色に塗られた建物の中には、カラフルな花々が咲き乱れ、訪れた人を癒しの世界へと誘う。

 この庭園は、もとは1920年代にフランス人画家のジャック・マジョレルが造ったもの。1966年、モロッコ旅行中にここを訪れたイヴ・サンローランと恋人のピエール・ベルジェが一目で気に入り、マジョレルの死後、1980年に購入。修復し、世界から植物を集め、庭園美術館として公開した。

 サンローランはこの庭園を心から愛し、パリコレが終わるとすぐここを訪れ、晩年はほとんどの時間をこの場所で過ごしていたという。2008年に71歳で没した彼の遺灰は庭園内に撒かれ、敷地内にはモニュメントも建てられている。

芹澤和美

最終更新:6/14(火) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。