ここから本文です

YouTubeとSNSを巧みに使いこなす 新人女性シンガーUruの宣伝戦略とは

CREA WEB 6/14(火) 12:01配信

 音楽ビジネスとITに精通したプロデューサー・山口哲一。作詞アナリストとしても活躍する切れ者ソングライター・伊藤涼。ますます混迷深まるJポップの世界において、この2人の賢人が、デジタル技術と職人的な勘を組み合わせて近未来のヒット曲をずばり予見する! 

 さて、近々リリースされるラインナップから、彼らが太鼓判を押す楽曲は? 

有村架純主演映画『夏美のホタル』の主題歌

伊藤 今回はソーシャル時代らしい新人女性シンガー“Uru”のデビューシングル「星の中の君」。有村架純が主演の映画『夏美のホタル』の主題歌になっています。

山口 歌声が素晴らしいですよね。

伊藤 特徴的な奥行きのある歌声です。ただどこかで聴いたことがあるような気がしてならないのですが……思い出せません(笑)。UruはYouTubeに公式チャンネルを立ち上げ100本近く動画をアップ。彼女がJポップのカバーを歌っているのですが、モノトーンの映像に素顔をチョットだけみせるという内容。総再生回数は4500万回以上、チャンネル登録者は14万人を超えました。

山口 素晴らしい数字ですよね。僕はYouTubeの存在が、日本にも「カバー文化」を定着させてくれたと感じています。欧米の、特にアメリカの黒人ミュージシャンは、ブラックミュージックの名曲をリスペクトして歌い継ぐという意識が強くあるじゃないですか? 日本のポップミュージックは、シンガーソングライターの系譜が強かったこともあって、オリジナル曲重視でした。音楽業界にとって新曲を売る方が、著作権収入など金銭的メリットが大きいということも関係あったと思います。

伊藤 なるほど。過去にプロデュースしたアーティストでも、カバーアルバムをつくろうという話が持ち上がったことがあるのですが、結局は実現しなかった。それはオレ自身がなんとなく乗り気になれなかったというのもあり、オリジナル曲重視だったんですよね。プロデューサーとしてオリジナルで勝負したいっていう気持ちもあったし、まだYouTubeがそれほど世の中に浸透していなかったという理由もありますが。

1/4ページ

最終更新:6/14(火) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。