ここから本文です

今年の浴衣は「親子でおそろ」が正解

東京ウォーカー 6/15(水) 6:01配信

夏祭りや花火大会などの夏のイベント。たまには親子で浴衣を着てお出かけしてみてはいかが? 

【写真を見る】菊に露草(つゆくさ)

ファミリー向けブランドのCIAOPANIC TYPY(チャオパニックティピー)と老舗浴衣ブランドの京都丸紅がコラボをした、親子お揃いで着れる浴衣が登場。今回発売される柄は全部で4種類。赤を基調とした変わり麻の葉、薄い黄色の染分け菖蒲、青の菊に露草、そして黒の格子縞だ。サイズは大人の場合フリーで、子供用も身長100cmから130cmまでで男女兼用。どの柄でも大人と子どものサイズがあるので、親子でお揃いが可能。家族でわいわい相談しながら選ぶのも楽しい。

またこの浴衣は、デザインはもちろん、生地選びにもこだわっている。真夏に浴衣を着るとどうしても暑くて汗をかいてしまうが、今回採用された生地「紅梅」は、異なる糸の太さを組み合わせて格子状に織られたことにより、生地に凹凸ができて肌に張り付かず、涼しいのも嬉しい。もし浴衣選びに迷っているなら、今年は「親子でおそろ」もいいかもしれない。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/15(水) 6:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。