ここから本文です

ぐずる子どもがスッキリ目覚める明るいニュース

東京ウォーカー 6/15(水) 7:30配信

朝、子どもがなかなか起きてくれなくて困ったことはないだろうか? ぐずる子どもをスムーズに起こすにはどうしたらいいのだろう。その問題解決には「光と睡眠」がカギになる。

【写真を見る】目覚め機能付きLEDシーリングライト

パナソニック株式会社と富山大学は、今回児童33人を対象に起床前の光の照射が、起床へ有効であることを検証。LEDシーリングライトを子ども部屋に設置し、使用時と非使用時を比較した。その結果家族に起こされる子どもが18人から9人に減少。50%の子どもの目覚めを良くするとに成功した。

LEDシーリングライトを部屋に取り付け、起床時刻を設定する。朝、設定した時刻に近づくとライトは徐々に明るくなり、起床時刻になるとアラームが鳴る。まるで朝日が昇っていく中で目覚めるように、自然に意識が覚醒していく仕組みだ。

この明かりで起こされた子どもは、朝スッキリと目覚めることが実験でわかった。無理やり起こされて不機嫌になっている子どもに手を焼いているなら、このLEDシーリングライトの導入を考えてみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/15(水) 7:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。