ここから本文です

佐藤栞里の“少女漫画ランキング”を小島瑠璃子が絶賛

Smartザテレビジョン 6/15(水) 13:00配信

6月17日(金)夜9時からのフジテレビ系「金曜プレミアム」では、「有名人が初めて話します!とっておきランキング ここでしか聞けないヒミツの話27連発」を放送する。

さまざまな有名人が、自分だからこそ熱く語れるというランキングをプレゼンしていく同番組。2回目となる今回は、ランキングを発表する“ランキンガー”として小倉智昭、カンニング竹山、草野仁、佐藤栞里らが出演する。

収録後にはMC・加藤浩次とゲストの博多大吉、小島瑠璃子の囲み取材が行われ、加藤は「1回目も相当(内容が)濃かったですけど、それを超えていましたね。ちょっとマニアックな部分もあるかもしれませんけど、“ランキンガー”の皆さんの熱が伝わってきて面白かったです」と手応え十分。

気になったランキングについての質問では、小島が「佐藤栞里さんが少女漫画について話していたんですけど、3位を発表したときにスタジオが『これ、本当に?』みたいな空気になったんです。でも、女性陣は見た瞬間にキュンキュンきていて、その男女間のギャップを感じ…」と話すと、「20代の男子がスタジオにいなかったから」(加藤)、「スタジオがほぼシニア層で固まっていて、申し訳ないなと思いました(笑)」(大吉)と、佐藤のランキングは男女によって意見がかなり割れた様子が明らかに。

また、大吉は「スタジオの盛り上がりはそうでもなかったかもしれないですけど、見応えありましたね。手の内がさらされるので、(ランクインした)あの3組はオンエアを見たら耳が真っ赤になると思います(笑)」と、竹山による“ビンゴ司会めちゃうま芸人”ランキングを挙げた。

そして、次回“ランキンガー”として来てほしい芸能人や見たいランキングを聞かれた加藤は「収録に来る前にココリコの遠藤(章造)に会ったんですけど、『何の収録ですか?』って聞かれて『あのランキングの番組だよ』って言ったら、『1回目見ました! やりたいんですよ、ランキング』って言うので『何やりたいの?』って聞いたら、『プロ野球の審判の面白いストライクの言い方ランキング』って(笑)。ぜひやってもらいたいなって思います」と3回目に向けての期待を語った。

最終更新:6/15(水) 13:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。