ここから本文です

眉と“小顔”は関係あり!?新事実で女性ブロガーら大喜び

東京ウォーカー 6/15(水) 17:34配信

6月14日、ワード資生堂(東京・銀座)にて、インテグレートと「JJ(光文社)」が主催するメディア・ブロガー向けイベント「この夏のキレイ作りはアイブローから! ~眉で小顔になれるメーク塾~」が開催され、プロのメーキャップアーティストから“小顔メーク術”が伝授された。

【写真を見る】美女ブロガーも“小顔眉メーク術”に挑戦!

資生堂は、20~30代女性を対象としたセルフメーキャップブランド、インテグレートから、“目鼻立ちゾーンに光と影の錯覚効果を施すことで小顔トリックを演出”する「ビューティートリックアイブロー」を、6月21日(火)に発売。今回のイベントは、その発売を記念して開催された。同商品は、アイブローカラー2色と、ノーズシャドー、ハイライトカラーの4色が一体化したものとなっている。

登壇者は、JJ専属モデルの寺本愛美、JJ編集長の原さやか、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの中山夏子。インテグレートの調査で判明した、20代女性の8割以上が望む「小顔になりたい」という思いに応えるべく、「小顔になれるアイブローテクニック」のデモンストレーションなどが行われた。

「小顔は女性の永遠のテーマですよね。冬はストールを巻いたりして視線をずらすことができるけど、夏はフェイスラインが露わになってしまいます」と原編集長。実際はどんな小顔対策をしているのか来場したブロガーに質問すると、「(エラの部分に)シェーディングパウダーを塗りたくっています」との回答があり、モデルの寺本は「おでこの生え際にも塗りたくなっちゃうよね」と同調した。

そんな中、ヘア&メーキャップアーティストの中山さんは、「大阪大学との共同研究により分かったのですが、今回発売される『ビューティートリックアイブロー』を使ったメークで、小顔トリック効果を生み出せるんです」とコメント。髪の生え際やエラの部分にシェーディングパウダーを塗りたくるような方法ではなく、同商品のハイライトカラーとノーズシャドーを使って目鼻立ち全体に陰影をつけることで、目の錯覚を生じさせ、小顔を演出できるのだという。

中山さんは「付属の太めのブラシの方を使って、Tゾーンと眉骨にハイライトカラーをなじませていってください。そして、彫りを深めるノーズシャドーを眉頭の下から小鼻にかけてぼかし、次にこのノーズシャドーを眉頭から眉中央に向かってぼかしていってください。眉はナチュラルになるようにアイブローカラーをぼかして。眉尻に向かって色を濃くしていく方が小顔に見えますよ」とアドバイスした。

中山さんの説明を受けたあとは、ブロガーたちが自らの手で“小顔になれるメーク”にトライ。イベント終了後にテーブルを周ると、「中山さんに教わった通りに『ビューティートリックアイブロー』の色を乗せていったら、眉頭から眉尻にかけての色のグラデーションがきれいにできて、いつもよりメークが上手くいきました」「目元がはっきりしたおかげでメリハリが出て、小顔効果を感じられました」「良い意味でいつもと全然顔が違う!」と、そこかしこから喜びの声が上がっていた。

ちなみに、「ビューティートリックアイブロー」は、肌になじみやすくフィットする“密着処方”を取り入れており、つけたての発色がくすまず、仕上がりが持続する耐久性も備えているそうだ。【東京ウォーカー】

最終更新:6/15(水) 17:34

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。