ここから本文です

ラクきれい!コードレスで85%が掃除頻度アップ

東京ウォーカー 6/15(水) 21:00配信

使いたいときにさっと取り出せるコードレス掃除機。欲しいけど高いし、多すぎて選べない・・・と迷っている人の背中を押すような調査結果が発表された。

【写真を見る】自立しないコードレス掃除機も多いが、やはり自立すると掃除がラクなよう

コードレススティック掃除機の購入者に対し、購入後の掃除頻度について聞いたところ、84.6%もの人が「掃除頻度が増えた」と回答。コードレススティック掃除機があると、掃除しやすくなるため、意識せずとも回数が増えるようだ。デザイン面では掃除機が「自立する」ことに満足している人が多く、97.5%の人が満足という結果に。

今、コードレスのスティック型掃除機は多くのメーカーから販売されており、まさに業界は戦国時代。「デザイン」や「吸引力」「軽さ」など、様々な機能の改良を重ね人気を争っている。買う前には分かりづらいことだが、掃除中に物を動かしたり、ほかの家事をしたりと、掃除機から手を離す場面は多いため、「自立するかどうか」は今後選ぶ時の大きなポイントになっていきそう。これから買う人、買い替える人は参考にしてみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/15(水) 21:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。