ここから本文です

ネット世代の現代女性が強いられる「汝、輝くべし」という過酷な“指令”

サイゾー 6/15(水) 15:00配信 (有料記事)

――現代女性がネットを中心に自己をさらし続ける、その背景にあるものとは? そこから見て取れる“現代の病”を、政治、フェミニズム等に詳しい女性学者が分析!

 少し前の話になるが、2015年の春頃、安倍政権が「すべての女性が輝く社会づくり」という取り組みを発表し、かなりの数の女性たちがそれにイラっとさせられた。

 このキャッチコピーの何が問題だったか答えるのは簡単だ。首相官邸がドヤ顔で使用した「輝く」という言葉に、女性たちをイラっとさせた一番の原因があったからだ。

 官邸の犯したミスは、「輝く」という言葉が女性たちに行使する強制的な力を見落とし、「輝くこと」自体が現代の女性たちの生きる文脈を規定し、環境を決定してしまっていることに無自覚すぎる点にある。

 いち早く「輝く(=luminosity)」という言葉に注目していたのが、イギリスの文化研究者マクロビーだ。彼女によれば、「輝くこと」を運命づけられた現代の女性たちが生きているのは、「自己の生産という活動に、積極的に参加させられ、自分自身へのジャッジを厳しくしなければならない(…)商業的な領域は、若い女性たちへの直接の呼びかけを激増させていて、その呼びかけを拒絶するか、それに応えきれない女性たちには厳しいペナルティが待ち受けている」(The Aftermath of Feminism, Sage, 2009)ような世界だという。本文:3,647文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:6/15(水) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。