ここから本文です

C・ロナウド不発! 優勝候補の一角ポルトガルが伏兵アイスランドにまさかの1-1ドロー発進

Football ZONE web 6/15(水) 7:09配信

主要国際大会初出場のアイスランドに猛攻も…

 レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウド擁する優勝候補の一角ポルトガルが、欧州選手権(EURO)フランス大会で主要国際大会初出場となる伏兵アイスランドにまさかのドロー発進に終わった。FWナニ(フェネルバフチェ)のゴールで先制しながらも、後半に同点に追いつかれる展開でロナウドも不発。1-1のドローに終わった。

伊紙がFW10人の去就を大予想 あのビッグネームの新天地は?

 グループFの大本命と目されたポルトガルは、前半3分にカウンターからMFギルフィ・シグルズソンに際どいシュートを許したが、試合を押し気味に進めた。そして同31分には右サイドの崩しからMFアンドレ・ゴメスがラストパスを送ると、FWナニが先制点をゲットした。ナニのゴールはEURO本大会通算600ゴールという節目の一撃となった。

 前半を1-0で折り返したポルトガルが一方的に押し込む展開となり、楽勝ムードが漂っていた。しかし、後半5分にまさかの出来事が起きる。アイスランドが右サイドで起点を作ってクロスを送り込むと、ファーサイドのバーゼルMFビルキル・ビャルナソンが豪快な右足ボレーを叩き込んだ。それまで防戦一方のアイスランドの一刺しで、試合は振り出しに戻った。

シュート数もボール支配率も圧倒したが…

 同点に追いつかれたポルトガルは、勝ち点3を得るために攻撃のギアを上げるが、ことごとくシュートがゴールネットを揺らせない。途中出場のMFリカルド・クアレスマの鋭いドリブル突破からのシュートも、相手GKソール・ハルドールソンのセーブに遭い、同39分にはナニからのクロスをロナウドが頭で合わせたが、再びGKハルドールソンに防がれた。

 この日ポルトガル代表歴代最多記録となる通算127試合出場を果たした頼みの綱のロナウドも、決定機を生かし切れないままタイムアップの笛を聞いた。

 シュート本数はポルトガルの27本に対してアイスランドは4本、支配率でもポルトガル66%、アイスランド34%と圧倒的な差があった一戦だったが、ポルトガルとしては国際主要大会初出場の伏兵にまさかの同国史上初のEUROにおける勝ち点1を献上する結果となってしまった。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/15(水) 7:09

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革