ここから本文です

夏に欧州へ行く人は要注意。スリの被害が絶えない9つの人気観光スポット

ライフハッカー[日本版] 6/15(水) 20:10配信

この夏、あまり馴染みのない土地を旅行する予定があるなら、さまざまなリスクに注意する必要があります。例えば、スリは旅行客が遭遇しやすい典型的な被害です。スリの犯人も、特に人気観光地を訪れる不注意な観光客をターゲットにしています。

下記の情報は、Citybase Apartmentsが、独自のリサーチに基づいたデータをまとめました。いくつかは、当たり前のような場所かもしれません。観光客が集まる場所というのは、基本的にスリの起こりやすい危険な場所なのですが、場所によっては特に警戒するべきスポットもあります。下に、都市とスポットごとにまとめた、スリの起こりやすい観光地をご紹介します。


 【スペイン、バルセロナ】
  ・ランブラス通り
  ・カタルーニャ広場

 【イタリア、ローマ】
  ・テルミニ駅
  ・フォーリ・インペリアーリ通り

 【チェコ共和国、プラハ】
  ・旧市街広場
  ・カレル橋

 【スペイン、マドリード】
  ・エル・ラストロ
  ・地下鉄

 【フランス、パリ】
  ・エッフェル塔
  ・ノートルダム大聖堂

 【イタリア、フィレンツェ】
  ・ヴェッキオ橋
  ・サン・ロレンツォ・マーケット

 【オランダ、アムステルダム】
  ・レッドライト地区
  ・ダム広場

 【ギリシャ、アテネ】
  ・オモニア広場
  ・メタクソウルゲイオ

 【イギリス、ロンドン】
  ・オックスフォード・ストリート
  ・カムデン


常に周囲に警戒することができればもちろんそれがいいのですが、スリが最も起こりやすい場所をあらかじめ知っていれば、より注意することができるでしょう。この夏、旅行する予定がある人はくれぐれもご注意ください。


WHERE IN EUROPE ARE YOU MOST LIKELY TO BE A VICTIM OF PICKPOCKETING? [INFOGRAPHIC] Via DesignTaxi

Kristin Wong(原文/訳:コニャック)
Photo by Moyen Brenn.

最終更新:6/15(水) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック