ここから本文です

英国、2度目の暴動を警戒。ファンに助言「リールやランスに行くのを避けるべき」

フットボールチャンネル 6/15(水) 7:00配信

 イギリスの外務省が、フランスでEURO観戦中のイングランドやウェールズのファンに対して注意を促した。14日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 同紙によると、外務省が”ファンは慎重に行動しなければならない。チケットを持っていない人は、この期間中にリールやランスに行くのを避けるべき”と助言したとのこと。

 現地時間15日にロシア代表とスロバキア代表の試合がリールで、イングランド代表とウェールズ代表の試合がランスでそれぞれ行われる。距離が近いこともあり、再び暴動が起きるかもしれない。

 先日、イングランド代表対ロシア代表の試合が行われる前から3日間、ファン同士による乱闘騒ぎがマルセイユで起きていた。この暴動により、多数の負傷者が発生し、大きな問題となっている。

 フランス政府はスタジアム周辺やファンゾーンなどでアルコール販売を禁止にするなど対策は行っているが、それでも再び暴動が起きる可能性が危惧されている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/15(水) 7:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。