ここから本文です

生瀬勝久主演ドラマ『侠飯~おとこめし~』に、柄本時生、内田理央、高畑裕太、三浦誠己ら出演へ

リアルサウンド 6/15(水) 6:00配信

 7月15日よりテレビ東京系にて放送されるドラマ24『侠飯~おとこめし~』に、柄本時生、内田理央、高畑裕太、戸塚純貴、木下隆行(TKO)、木本武宏(TKO)、三浦誠己が出演することが発表された。

 『侠飯~おとこめし~』は、作家・福澤徹三の同名小説を映像化した“任侠×グルメ”ドラマ。ある出来事をきっかけに就活中の大学生・若水良太の家に住みつくことになったヤクザの組長・柳刃竜一が、なぜか絶品の料理をふるまう模様を描き出す。“料理好きなヤクザの組長”柳刃竜一役で生瀬勝久が主演を務める。

 柄本が演じるのは、ヤクザの抗争に巻き込まれ、柳刃組長を自宅アパートに匿うことになる不運な大学生の若水良太。内田、高畑、戸塚の3人は良太の同級生・結城春菜、米倉信也、塩之谷洋介をそれぞれ演じる。さらに、良太の自宅近くで働く、クセのある警官コンビ牛尾と鳥山に、コンビでの連続ドラマレギュラー出演は初となるTKOの木下と木本が扮するほか、柳刃組長の右腕・火野丈治を三浦が演じる。

■柄本時生<若水良太役>コメント

主演の生瀬さんとの共演をとても楽しみにしています。とても面白くなりそうです。一生懸命頑張りますので宜しくお願いいたします。

■内田理央<結城春菜役>コメント

今回、ヒロイン役での出演が決まった時は素直に嬉しかったです!
原作の本も読ませて頂いたのですが、良太がヤクザと共同生活するドキドキ感からの美味しそうなお料理の描写に、より一層お腹が減りました! このお料理が食べられるのかな? って、今から楽しみです(笑)
とにかく登場人物はみんなキャラが濃くて、凄く個性豊かです。私が演じさせて頂く“春菜”は「腐女子」の女子大生なのですが、わたし自身、昔から漫画やアニメが大好きで学生時代も男子の友達が多かったので、共感できる所が沢山あると思いました。
今回の男だらけのドラマの中では、唯一の女子。これは紅一点だと思うので、華を添えられるように頑張りたいと思います。普段のグラビアではチャームボイントのお尻を売りにしているのですが、今回は封印してお芝居で勝負します!!
夜中にお腹が空くこと間違いなし! 任侠×グルメなストーリーはここでしか観られないと思いますので、お楽しみください!

■高畑裕太<米倉信也役>コメント

素晴らしい原作、脚本、そして監督、スタッフ、演者一同に恵まれ、栄誉ある「ドラマ24」に参加出来る事に本当に感謝です。生瀬勝久さんという大きな存在、信頼出来る監督の下、いい作品を創り上げるという一心で、全力投球したいと思います。
オタクという、少しエッジの効いた役を演じさせて頂くにあたり、作品の良いスパイス。そう、役者の世界では山椒を食べ物に沢山かけて食べると芝居が上手くなるという伝説があります。まさにそんな山椒の様な存在でいたいです。

■戸塚純貴<塩之谷洋介役>コメント

生瀬さん、榊監督をはじめ、念願の方々との作品作りに胸が高鳴っております。この『侠飯~おとこめし~』での洋介は僕にとって新鮮な役柄になります。個性の強い皆さんとどんな化学反応が起こるのか楽しみにしていただきたいです。今までにはない熱いドラマになる事間違いない「侠飯」を、どうぞ召し上がれ。

■木下隆行(TKO)<牛尾役>コメント

コンビで連ドラに出演するの初めてだから照れるなぁ。 コントにならないように気をつけないと(笑)。

■木本武宏(TKO)<鳥山役>コメント

今回演じさせて頂くキャラが「箸休め的な役割」と言われていますが、本人としてはドラマ撮影の緊張で、箸休め的な気持ちではできません!

■三浦誠己<火野丈治役>コメント

全てが! 絶妙なマッチング間違い無し!
「待ってました!」と思わず叫んじゃうようなドラマです! 原作を読み、脚本を読み、興奮さめやらぬ、アドレナリン炸裂の日々を送っております(笑)。演じる前からヨダレ出てしまっています。榊監督、山口監督に身を委ねながら侠気溢れるスタッフと共に一丸となり頑張りたい所存ではありますけど、そんな事より早よ食べたい! デス。多分、この撮影で、僕、太ると思います(笑)

■プロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)コメント

とても個性的でテレ東っぽい共演者陣が集結し、今から放送が楽しみです。
柄本時生さんは、「太鼓持ちの達人」や「昼のセント酒」でもメインキャストを務め、テレビ東京深夜には欠かせない存在になっており、今作のヤクザの組長に居座られ、右往左往する不幸な就活生が本当にピッタリです。
腐女子のヒロイン内田さん、アニメオタクの高畑さん、リア充で二枚目な戸塚さんと、皆さん普段は見られない役所を演じており、将来有望な役者陣の演技合戦にご期待下さい。
また、大好きな映画にいくつも出演されている三浦さんが、今作でちょっとコミカルなヤクザをメインキャストとして演じる姿を見て、今後テレビでもブレイクすると確信しました。
TKOさん演じる箸休め的な警官コンビもドラマの良いスパイスになっています。
この味わい深い俳優陣をぜひご堪能下さい。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/15(水) 6:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。