ここから本文です

ブラジル代表新監督にコリンチャンスの名将浮上! ”神の手弾”でコパ敗退のドゥンガ解任

Football ZONE web 6/15(水) 9:03配信

連盟がリオ五輪前に非情の大ナタ 全コーチングスタッフ解任

 ブラジル代表は衝撃の誤審によりコパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)のグループリーグで敗退となったが、ブラジルサッカー連盟は批判の集まるドゥンガ監督の解任を発表した。後任は決定しておらず、即座に選定に移るとされている。

【写真特集】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 ブラジルサッカー連盟は「ブラジル代表のテクニカルスタッフの解雇を決断しました。チームコーディネーターのジルマール・リナルディ、ドゥンガ監督、すべてのスタッフはその座から去ることになる」との声明を発表した。

 ドゥンガ氏にとっては不運極まりない敗退劇だった。グループリーグ最終戦となったペルー戦の後半30分、ペルーの右サイドからのクロスにルイディアスが飛び込んだ。クロスに合わせたのは足でも頭でもなく、右腕だった。主審は一度ゴールを宣告したが、副審はハンドの判定。リプレーでは右手で叩き込む映像が繰り返されたが、サイドラインで審判団は合議を繰り返した。だが、第四の審判と話し合ったアンドレス・クーニャ主審はゴールを認めた。

 この“神の手弾”が決勝点になり、ブラジルは0-1で敗戦。ペルーに敗れたのは31年ぶり、南米選手権のグループリーグ敗退は29年ぶりという不名誉な記録づくめの終戦になってしまった。とはいえ、低調な戦いぶりにより最終節まで突破を決定づけられなかったのも事実であり、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選でも現在6位と、大会前から監督解任論は高まっていた。

後任候補にかつての日本代表監督候補も…

 8月には地元開催のリオデジャネイロ五輪を控えるが、ドゥンガ氏を支えてきたテクニカル・ディレクターのジルマール・リナルディ氏の解任も決定。記者会見では「セレソンはブラジルフットボールの最高のポイント。いろいろな理由で違う道に来てしまい、ここで道は途絶えてしまった。結果は出なかった。コーチングスタッフを総入れ替えする会長の立場も理解する」とジルマール氏は語った。

 ドゥンガ氏は兼任監督だったため、開幕まで2カ月を切ったリオ五輪代表の指揮官も空座となるが、スポーツ専門テレビ局「ESPNブラジル」は後任として昨年ブラジル全国選手権優勝のコリンチャンスのチッチ監督が就任すると報じている。

 本名はアデノール・レオナルド・バッチで、2012年のクラブワールドカップでコリンチャンスを率いて優勝した。ブラジルW杯後には日本代表監督候補にも名前が挙がった名将だ。

 エースとしてFWネイマール(バルセロナ)のオーバーエイジでの招集こそ決定しているブラジル五輪代表だが、自国開催のリオ五輪で悲願の金メダルを獲得し、王国復活の第一歩を踏み出すことができるだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/15(水) 9:03

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。