ここから本文です

ロシアファン、リールで英国ファンを挑発。”暴動誘発行為”で2人を逮捕

フットボールチャンネル 6/15(水) 7:40配信

 現地時間15日にロシア代表対スロバキア代表の試合がフランス・リールで行われるが、この場所にいたイングランドとウェールズのファンに対してロシアのファンが挑発し、ロシアファン2人が逮捕された。14日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 同紙によると、火曜日にリールにあるバーでイングランドやウェールズのファンが飲んでいたところ、ロシアのファンが挑発。危険を察知したイングランドとウェールズのファンは椅子を投げるなどして応戦している。暴動を誘発する行動を起こしたとして、ロシアファン2人が逮捕された。

 イングランド対ウェールズの試合はフランス・ランスで行われるが、リールとランスの距離は近い。そして試合時間も重ならないことから、多くのイングランドとウェールズのファンが訪れていたようだ。

 UEFA(欧州サッカー連盟)は、先日の暴動の一報を受けて、次に暴動を起こした場合にはロシアを失格処分とする可能性があることを示唆していた。スタジアム内での暴力行為がそれに当たるとされているが、スタジアムの外で起きたとしても問題視されるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/15(水) 7:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。