ここから本文です

『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ3作目、10月公開へ おなじみの日記帳はiPadに!?

リアルサウンド 6/15(水) 8:00配信

 『ブリジット・ジョーンズの日記』のシリーズ3作目となる続編「Bridget Jones's Baby」が、『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の邦題で10月に公開されることが決定した。

 本作は、2001年に公開された『ブリジット・ジョーンズの日記』、2005年に公開された『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』に続く、シリーズ3作目となるロマンティック・コメディ。テレビ局の敏腕プロデューサーとして働くが、アラフォーにして未だ独身のブリジット・ジョーンズが、ドラマチックに出会ったIT企業の社長ジャックと、再開した元彼のマーク・ダーシーの間で揺れ動く模様を描く。

 レニー・ゼルウィガーとコリン・ファースが、ブリジット・ジョーンズ役とマーク・ダーシー役をそれぞれ続投。本作で初登場となるダーシーの恋のライバル・ジャック役には、『近距離恋愛』のパトリック・デンプシーが扮する。さらに、脚本にも名を連ねるエマ・トンプソンとダン・メイザーが出演するほか、過去2作でジョーンズの両親役を務めたジム・ブロードベントとジェマ・ジョーンズも続投する。

 あわせて公開された場面写真では、これまでトレードマークになっていた“日記帳”ではなく、“iPad”を抱え微笑むゼルウィガーの姿が捉えられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/15(水) 8:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。