ここから本文です

小国アイスランド、強豪ポルトガルにも屈しない”その強さの秘密”とは?

フットボールチャンネル 6/15(水) 8:09配信

 現地時間14日にEURO2016が行われ、アイスランド代表はポルトガル代表と対戦。先制されながらも後半に追いつき、1-1の引き分けに終わった。人口33万人の小さな国が強豪国と引き分けたことで、ポーランド1部のレギア・ワルシャワを率いるヘニング・ベルグ監督がメンタルを称賛する言葉を贈った。14日に英メディア『フットボールタイムス』が報じている。

 試合は31分、ポルトガルのナニが味方のグラウンダーのクロスをダイレクトで決めて先制。しかし、50分にアイスランドはビルキル・ビャルナソンのゴールで同点に追いついた。アイスランドの選手についてベルグ監督が特徴を説明している。

「彼らは非常に興味深い。まず、気づきから考え始める。常に最善策を見つけるため、非常に厳しい訓練を受けるんだ。そして、メンタルも非常に強い。とても大きなストレスにも対処できるし、とてもプロフェッショナルな面を持っているよ」

 試合は、ほぼポルトガルのペースだった。それでもじっくりと耐え、ワンチャンスでゴールを決めている。ポルトガルに先制されて1点ビハインドだったものの、冷静さは失われていなかったようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/15(水) 9:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。