ここから本文です

長谷部、フランクフルトとの契約を1年延長。ドイツで来季9年目のシーズンへ

フットボールチャンネル 6/15(水) 8:42配信

 ブンデスリーガのフランクフルトが14日、日本代表MF長谷部誠との契約を1年間更新し、2017年6月まで延びたことを発表した。

 長谷部は今季公式戦36試合に出場し1得点を記録。守備的MFとして中盤を統率し、ほとんどの試合でフル出場を果たしている。契約期間は今年6月までとなっていたが、今回の契約更新により来季もフランクフルトで戦うこととなった。2007/2008シーズンの途中となる2008年1月に活躍の場をドイツに移してから、来季で9年目のシーズン(2016/2017)となる。

 長谷部はフランクフルトのオフィシャルサイトを通じて「僕はフランクフルトでの生活を非常に快適に感じている。来季も働けることになって嬉しいよ。過去2年間で多くのことを経験してきたし、来季もチームに貢献していきたい」と語り、契約延長を喜んでいる。今季は残留争いに巻き込まれたが、来季はさらに上の順位を目指したいところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/15(水) 9:54

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。