ここから本文です

ファンティーニ燦、日本代表で五輪目指す! FC東京練習参加も即移籍は否定

フットボールチャンネル 6/15(水) 9:28配信

 イタリア・セリエBのチェゼーナ下部組織に所属するGKファンティーニ燦が、FC東京の練習に参加している。“逆輸入”選手として加入も噂される中、父親が息子の現状について語ってくれた。

 現在18歳のファンティーニはチェゼーナで度々トップチームの練習に参加し、今年4月には第3GKとして試合に招集されるなど着実に評価を高めている。そんな中でJリーグ移籍の可能性を報じられたが、父は「現段階ではイタリアに残って、いろいろなことを学んで成長したいと思っている」と述べている。

 それでも「確かに近い将来は日本に戻って、Jリーグでプレーしたいと考えている。検討しているクラブの中にはもちろんんFC東京もある」と、息子に将来日本でプレーする意思があることを明かした。

 東京五輪のある2020年には22歳になるため、自国開催のオリンピックでメダル獲得を狙うための貴重な戦力になるという見方もある。だが、ファンティーニはイタリアと日本、2つの国籍を有しているため確実に日本代表を選ぶとは限らない。

 父はその点にも言及し、「燦は自分が100%日本人であり、100%イタリア人でもあると感じている」と述べる。そのうえで「彼のいまの目標は日本代表としてオリンピックに出場することだ」と“地元”での五輪出場を目指していることを強調した。

 チェゼーナは今季セリエBを6位で終え、来季はA昇格を目指す。正守護神を務めたセネガル人GKアルフレッド・ゴミスとの契約は今季末で満了となるため、仮に退団すればファンティーニもトップチームのレギュラー争いに絡める可能性が出てくる。まずはイタリアで実力をつけ、評価を高めることで代表への道を開きたいところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/15(水) 11:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)