ここから本文です

リオ五輪で王国の威信復活を狙うブラジル OA枠でバイエルンの快足ウインガー招集が決定!

Football ZONE web 6/15(水) 14:35配信

コパGL敗退、ドゥンガ更迭で地に堕ちたセレソン 悲願の金メダルへ、コスタ招集

 コパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)で29年ぶりにグループリーグ敗退となり、ドゥンガ監督が解任されるなど激震続きのブラジル代表が、王国復活に向けて動き出した。8月のリオデジャネイロ五輪でバルセロナFWネイマールに続き、バイエルン・ミュンヘンFWドウグラス・コスタを23歳以上の「オーバーエイジ枠」で招集することが決まった。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 今季シャフタール・ドネツクから移籍後、バイエルンの主力としてリーグ戦4得点9アシストと活躍し、リーグ3連覇に貢献した快足ウインガーがブラジル五輪代表に参戦することが決まった。

 ドゥンガ監督の解任に伴い、ブラジル代表テクニカル・ディレクターの座を追われることになったジルマール・リナルディ氏は、記者会見で「ドウグラス・コスタに感謝したい。長い期間交渉を続けてきたが、彼の努力に感謝したい。我々はバイエルンから供出してもらうことになった」と語った。

3人目のOA枠は未定も本気度の高い陣容に

 五輪本大会にはオーバーエイジ枠で3選手を登録できるが、ネイマール、コスタに続く3人目は未定となっている。

 パリ・サンジェルマンの22歳ブラジル代表DFマルキーニョスの参戦も決まっており、同国サッカー史上初となる五輪金メダル獲得に向けて本気度の高い陣容となる。南米選手権ではペルー代表のルイディアスによる“神の手ゴール”で、まさかのグループリーグ敗退を喫したブラジルは、自国開催となる祭典で頂点を狙う。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/15(水) 14:35

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。