ここから本文です

“カテナチオ”復活のイタリア代表、EURO史上最年長と最多走行距離を記録!

フットボールチャンネル 6/15(水) 10:10配信

 EURO2016を戦うイタリア代表は“老獪さ”と“豊富な運動量”という異なる二つのキャラクターを併せ持つチームのようだ。14日付けのイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 イタリア代表は現地時間の13日にベルギー代表と対戦し2-0で勝利を収めた。この試合でイタリアは先発メンバー平均年齢31歳169日とEUROの歴代最年長チームとなっている。

 しかし、歴代最年長チームだからといって“運動量”が少ないわけではないようだ。イタリア代表はドイツ代表と対戦したウクライナ代表を4600mも上回る119.7kmを走り、今大会の最長走行距離チームとなっている。今回のイタリア代表の走行距離は、2014年ワールドカップを優勝した当時のドイツをも上回った。

 チームの最長走行距離選手はラツィオに所属するMFマルコ・パローロ。12.57kmを走った同選手は、31歳と140日でEURO初デビューをしたが、その年齢はチームの平均年齢よりも僅かに29日少ない年齢である。

 豪華陣容を擁するベルギーを見事な完封したイタリアは“カテナチオ”が復活したと称賛を浴びている。カテナチオは元来“鍵をかける”という意味のリベロシステムを指すが、現在でも同代表の持ち味である堅守を示す単語として使用されている。 

 大会最年長チームの持つ“老獪さ”と、大会最多を記録した“運動量”を持つイタリア。二つの武器を維持することができれば決勝進出を果たした2012年大会のように勝ち進むことができるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/15(水) 10:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。