ここから本文です

レスターが“魔術師”マフレズ慰留にメガクラブ級の誠意! 年俸8億円を提示か

Football ZONE web 6/15(水) 16:55配信

英紙報じる 現行契約の約3倍の条件で慰留に動く

 レスター・シティが昨季プレミアリーグ選手協会選出のMVPに選出されたアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに、現行契約の約3倍となるメガクラブ級の年俸7億8000万円の好条件を提示し、慰留に動き出していることが分かった。地元紙「デイリー・テレグラフ」が報じている。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

 2014年1月に、仏2部ル・アーブルから40万ポンド(約6000万円)という格安の移籍金で加入したマフレズは、今季17ゴールを記録。堅守速攻を武器とするレスターの攻撃を支えた。アーセナルがイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディに獲得オファーを出し、フランスの強豪パリ・サンジェルマンが同国代表MFエンゴロ・カンテ獲得に乗り出しているなか、レスターはエース慰留に動き出した。

 タイ人オーナーは週給10万ポンド(約1500万円)という高給をマフレズに提示した。マフレズとは昨年夏に週給3万5000ポンド(約530万円)で4年契約を結び直したばかりだが、“魔術師”の異名を持つ男はレスター残留時には、1年間で3倍の昇給を手にすることになる。

マフレズ本人は移籍の可能性も仄めかす

 そんなマフレズはレスターへの愛着を示しつつ、メガクラブへの移籍に色気を見せている。アーセナル、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍話について、仏メディアに「それを聞くと光栄なんだ。以前も話したとおり、何も合意していない。何も決まっていなんだ。様子を見よう。現時点では決断していない。残留する可能性も、移籍する可能性もある。様子を見よう」と語っている。

 年俸換算で7億8000万円という高給は、メガクラブクラスに匹敵する好条件となる。マフレズは「家族のよう」と語るレスターの誠意を受け、残留を決断するのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/15(水) 16:55

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。