ここから本文です

「胸を膨らませ、パンツをめくり、そして壁へと打ち込んだ」スペイン紙がC・ロナウドのFK連続ミスを一刀両断

Football ZONE web 6/15(水) 20:40配信

欧州選手権アイスランド戦最後の直接FKで連続ミス

 欧州選手権(EURO)初戦でポルトガルは伏兵アイスランド相手にまさかのドロー発進となった。ポルトガルのエースFWクリスティアーノ・ロナウドはシュート10本を放ったものの無得点に終わった。スペイン紙「AS」は試合終了直前の直接FKの連続失敗を酷評している。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 前半31分にFWナニ(フェネルバフチェ)のゴールで先制したものの、後半5分にMFビルキル・ビャルナソン(バーゼル)に豪快な右足ボレーを叩き込まれて同点にされた。それ以降ポルトガルは一気呵成に攻め立てたが、ゴールを割ることはできなかった。

 試合後に「彼らはゴール前にバスを置いた」「守って、守って、守りまくっただけだ」とアイスランドの守備的なスタイルを批判したロナウドだが、レアル寄りのAS紙もCR7の連続FKミスを見逃してくれなかった。

 後半アディショナルタイム3分が過ぎ、ゴールから33mのFKを得たロナウドの状況を克明に描写する。

「アイスランドの息の根を止め、彼がヒーローになるため、ロナウドは胸をふくらませてパンツをめくり上げた。太ももの筋肉を屈曲して助走を始めた。そしてその一撃は、壁へと打ち込んだ」

 独特の仁王立ちポーズからスタートする独特のFKが豪快に失敗したことを、やたら文学的な描写で表現した。

 だが、壁役のアイスランドの選手がバレーボールのように伸ばした手に当たり、今度は24mという絶好の位置で再び同点に追いつくチャンスを得た。しかし、期待を集めたロナウドの“打ち直し”はリまたもやネタにされている。

「ロナウドは再びチャンスを得た。レアル・マドリード所属の男はヒーローになるため愛されたが、彼はまたもFKで壁を強打した。そしてアイスランドは歓喜を爆発した」

 2度目のFK失敗の瞬間、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

レアル御用紙がネタに

 試合後、ロナウドはアイスランド代表が歴史的な勝ち点1を称え合う美しい場面を苦々しく罵倒している。

「彼らは試合終了の時、まるでEUROを制したかのように喜んでたよ。僕には信じられないね。これは僕の意見だけど、彼らは精神的に小さいことを証明したね。この大会では何もできないな」

 スーパースターにあるまじき、器量の小さい発言で欧州メディアに衝撃を与えていたロナウドは今季は4月のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝ヴォルフスブルク戦第2戦で決勝点となる直接FKを叩き込み、ハットトリックによる逆転4強進出に貢献した。

 かつては無回転FKの使い手と呼ばれたロナウドだが、実は今季FKの成功率の低さがレアルで問題になっていた。フロレンティーノ・ペレス会長が2月、自身の本業でCEOを務めるスペイン最大の建設会社「ASC」のイベントで「クリスティアーノを売却することはできない。彼はマドリードの最高の選手だ。しかし、ベイルがフリーキックを蹴ることになる。クリスティアーノではなくてね」とキッカー剥奪を指令したことをスペインメディアが報じていた。

 2月までの時点で100本中成功はわずか3本。成功率はわずか3%で、今季の成功はヴォルフスブルク戦の1本だけだった。

 その一方で、ペレス会長がキッカーに指名したレアルの同僚、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルはFKの名手だ。今大会でも初戦のスロバキア戦前のFK練習ではスタンドの観衆に直撃し、大量失血と鼻骨を折るアクシデントこそあったものの、前半10分に驚異的な変化を見せた直接FK弾でチームを大会初勝利に導いた。

 自らのプレースキックでEURO初勝利に導いたベイルが一撃でFKを決めた栄光のシーンを思い返せば、試合終了直前、しかも、勝利を決める2度のチャンスで立て続けに壁に当ててしまったロナウドが無邪気に喜ぶアイスランドを毒付くのも無理はないかもしれない。やさぐれモードのCR7に名誉挽回の機会はやってくるのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/16(木) 9:01

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。