ここから本文です

バルサが争奪戦を制しリヨンの逸材DFを30億円で獲得 CB、SBをこなす万能性を誇る

Football ZONE web 6/15(水) 22:31配信

22歳のウンティティと5年契約で合意と、地元紙が報じる

 バルセロナがチェルシーなどとの争奪戦を制し、次代のディフェンスリーダーとなるリヨンのU-21フランス代表DFサムエル・ウンティティを移籍金2500万ユーロ(約30億円)で獲得し、5年契約で合意に達したと、スペイン地元紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

イブラ本命はミラン!? 伊紙が大物FW10人の去就を大胆予測

 22歳のストッパーはアーセナル、マンチェスター・シティ、チェルシー、リバプールが獲得に乗り出す逸材だった。ウンティティの兄ヤニック代理人がバルセロナとの交渉を進めており、5年契約で合意に達したという。

 バルセロナの強化責任者は14日からリヨンの強化部と交渉を続けており、移籍金は30億円と見られている。ウンティティは、「バルセロナはすべての選手がプレーを夢見るクラブ」と移籍に前向きな発言をしていた。

 バルセロナは今オフ、スペイン代表DFマルク・バルトラをドイツの強豪ドルトムントへ放出。アルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノにはユベントス移籍の可能性が浮上しており、サイドバックとセンターバックを高いレベルでこなすウンティティの補強は、来季三冠を狙うバルサにとって大きな補強になりそうだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/15(水) 22:51

Football ZONE web