ここから本文です

アルゼンチン、ボリビア圧倒で唯一のGS全勝突破! 最多優勝目指して決勝Tでベネズエラ戦へ

フットボールチャンネル 6/15(水) 13:19配信

【アルゼンチン 3-0 ボリビア コパ・アメリカ】

 アルゼンチン代表は現地時間14日、コパ・アメリカのグループステージ最終戦でボリビア代表と対戦した。

 すでに決勝トーナメント進出を決めているアルゼンチンだが、序盤から敗退が決定しているボリビアを圧倒する。

 14分、エリック・ラメラの直接FKが相手の壁に当たって軌道が変わり、そのままネットに吸い込まれてアルゼンチンが先制する。

 その2分後にはゴンサロ・イグアインのヘディングシュートのこぼれ球を中国リーグの河北華夏に所属するエセキエル・ラベッシが押し込んで追加点を奪う。さらに、ラベッシのクロスにビクトル・クエスタが合わせてリードを3点に広げた。

 前半を3-0で終えたアルゼンチンは、後半からリオネル・メッシが途中出場する。後半もメッシやラベッシ、ルーカス・ビリアらが狙うも、ゴールを奪うことはできず。それでも終始試合を試合したアルゼンチンがボリビアに大勝を収めている。

 アルゼンチンは唯一のグループステージ3連勝となり、1位通過を決めた。アルゼンチンは通算14回で大会優勝回数2位。最多15回の優勝を誇るウルグアイはグループステージで敗退しており、アルゼンチンが優勝すれば最多優勝回数に並ぶ。

 準々決勝でアルゼンチンはグループCを2位で通過したベネズエラと対戦する。

【得点者】
13分 1-0 ラメラ(アルゼンチン)
15分 2-0 ラベッシ(アルゼンチン)
32分 3-0 クエスタ(アルゼンチン)

フットボールチャンネル

最終更新:6/15(水) 14:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。