ここから本文です

5万人のサポーターが街を占拠!? イングランド対ウェールズは空前の盛り上がりに

フットボールチャンネル 6/15(水) 20:40配信

 EURO2016の最注目カードの一つであるイングランド対ウェールズは最大5万人のサポーターが街を占拠する事態となるようだ。14日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【EURO2016 試合日程&グループリーグ順位表】

 イギリスとフランス間に広がるドーバー海峡のフランス側に位置し試合会場のランス市が所在するパ・ド・カレー県当局は、フェリーや鉄道の予約状況から英国決戦に4~5万人のサポーターがドーバー海峡を渡ってくると見込んでいるようだ。

 また15日にはランスからわずか40kmほど離れたリールでは、ロシアとスロバキアの一戦が行われる。マルセイユで大騒動を起こしたイングランドとロシアのサポーターが再び衝突する危険性もあるということで現地警察もセキュリティーの強化に余念がない。

 残念ながらピッチ外でのニュースも多い今大会。この注目の一戦が行われるランスのスタジアムは約34,000人の収容ということで、チケットのないサポーターが大量に町に溢れることが予想される。くれぐれもファンや住民たちがサッカーを安全に楽しめるようにあって欲しいものだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/15(水) 21:38

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。