ここから本文です

アップルミュージックがファッション業界とのコラボを始動 広告展開も視野に

Forbes JAPAN 6/15(水) 9:00配信

アップルはWWDC を翌週に控えた6月6日、ファッションキュレータープログラム「アップルミュージック ファッション」の導入を発表した。アップルは今後、著名ファッションデザイナーをキュレーターに起用し、アップルミュージック限定のカスタムプレイリストを配信する。



その第一弾となるのは、セレブの間でもファンの多いアレキサンダー・ワン。ワンはこれまで マドンナやカニエ・ウエストなど、多くのミュージシャンとコラボを行ってきた。この試みではプレイリストに加え、各ブランドの特設ページで独自の画像や編集コンテンツも公開する。毎月新たなデザイナーが登場し、過去に登場したデザイナーのコンテンツはアーカイブされる。

アップルがファッション業界と提携するのは今回が初めてではない。2015年後半にはイギリスのファッションブランド、バーバリーを「キュレーター」として迎え、同社が選んだイギリスの若手アーティストを特設ページでフィーチャーした。

アップルミュージックの提供開始からまもなく1年になるが、プレイリストは特に優れた機能の1つとして受け入れられている。6月13日、アップルは「WWDC」でアップルミュージックは1500万人以上の利用者を獲得したと発表した。

今回の試みがうまく行けば、アップルはキュレーターに他のブランドを起用する可能性もある。スポティファイにも同様のサービスがあり、特に人気のあるプレイリストの一部について、企業が一定期間スポンサーとして広告を出すことができるようになっている。プレイリストの広告活用はブランドが潜在的な消費者にアクセスするための手段として、かなりの効果を発揮しそうだ。

Hugh McIntyre

最終更新:6/15(水) 9:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

なぜ今? 首相主導の働き方改革